HOME »いろいろな形状の青汁

いろいろな形状の青汁

青汁には原料が異なるものもありますが、形状にもさまざまなものがあります。
それによって飲みやすさも大きく変わってくるので、自分に合ったものを選ぶことができます。
そこで以下タイプ別に紹介します。

●冷凍タイプ
冷凍タイプの青汁は最も一般的な製法で作られた青汁です。
冷凍タイプの青汁は絞りたての青汁をそのまま冷凍したものです。
良い点は作り立てをそのまま急速冷凍したものなので、栄養素が濃縮されていて鮮度が良い所です。
しかし青汁独特のクセや苦味があるのでのみにくいという点があります。
また冷凍なので、携帯には向いていないという点もあります。
しかし栄養面を考えると、最も良いタイプといえます。

●粉末タイプ
青汁の形状の中で一番人気のあるタイプです。
粉末タイプの青汁は加工した青汁を乾燥させて粉末状にしたものです。
こちらは飲みやすく加工されているものが多く、比較的飲みやすいものになっています。
栄養価は冷凍のタイプとほぼ同じですが、どこでも水に溶かして飲むことができるので持ち運びに便利です。
粉末なので、牛乳やジュースなど他の飲み物に溶かして飲むこともできます。

●フリーズドライタイプ
インスタントのスープやお味噌汁と同じく、お湯や水で戻して飲むタイプの青汁です。
青汁を急速凍結させ、真空状態で乾燥させることにより作られます。
高熱処理をしないので、栄養価を損なうことなく加工ができます。
粉末タイプのように溶かしてのむことができるので、こちらも携帯に便利です。

●サプリメントタイプ
最近では、サプリメントタイプの青汁が販売されています。
薬の錠剤と同じく水で飲むことができるので、とても飲みやすくなっています。
青汁の苦みやクセが苦手な方にはいいかもしれません。

●ジュースタイプ
野菜ジュースに青汁が入っているものです。
ジュースを飲む感覚で青汁の栄養も摂れるのがいいですね。

青汁は飲みにくかったり、美味しくないと途中で飲めなくなりがちですが、
このようにさまざまな種類の中から、自分にあったものを選ぶことができれば続けられるのではないでしょうか。
色々な青汁タイプについては、こちらのサイトが詳しく解説しています。
人気の青汁ランキングはこちらhttp://www.d7publicaffairs.com/青汁健康ランキング.html

▼自分に合う商品の選び方はこちら